AGA・薄毛改善のメカニズム

AGA治療の概要

AGA(男性型脱毛症)が生じている場合、ヘアサイクルの乱れが薄毛・抜け毛につながっています。
そのため、AGAの治療は、異常になってしまったヘアサイクルを正常な状態に戻し、「抜け毛の進行を止める」「発毛しやすい環境を整える」という治療を行っていきます。

AGAの原因

AGAは、テストステロン(男性ホルモンの1種)に「5α-リダクターゼ」という酵素が作用し、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という活性が高い男性ホルモンに変換されることで引き起こされています。
この「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、骨・筋肉の発達を促し、髭や胸毛などを濃くするのですが、一方で、前頭部や頭頂部では軟毛化現象を引き起こしてしまいます。

このプロセスに歯止めをかけます!

デュタステリドやフィナステリド(プロペシア)といった薬によって、5α-リダクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変換するのを防ぎます。

ミノキシジルで発毛環境を整える!

さらに、治療薬のミノキシジルは、発毛を促す効果があります。
もともと高血圧の治療薬として開発されたミノキシジルは、臨床試験をしていたときに偶然多毛の症状が確認され、発毛剤研究されることになりました。
日本では、1999年に厚生労働省から発毛医薬品として認可され、薄毛治療薬として広く利用されています。
血管を拡張する効果があり、外用薬の場合、頭皮に塗布することによって毛細血管にはたらきかけ、発毛しやすい環境を整えます。

抜け毛ストップ × 発毛促進でAGAを改善!

当クリニックでは、デュタステリドによって抜け毛を防ぎ、ミノキシジルによって発毛環境を整えることで、AGAの治療を行っています。
目的の異なる2つの治療を行うことによって、効果が非常に実感されやすくなっています。