女性の薄毛について

女性の薄毛

女性の薄毛は、FAGA(女性男性型脱毛症)、休止期脱毛症、加齢などが原因と言われています。
毛髪の数が減ってきたり、硬い毛の比率が減少し、薄毛の状態が引き起こされます。
40代を過ぎると薄毛になりやすいという研究結果がありますが、40代以前にもこうした症状が生じるケースがあります。

FAGA(女性男性型脱毛症)

男性のAGA(男性型脱毛症)と同じようなメカニズムで生じる薄毛は、女性の場合、FAGA(女性男性型脱毛症)と言われます。
女性ホルモンの分泌が少なくなると、FAGAが生じやすくなります。
AGAは、5α-リダクターゼが影響してヘアサイクルが短くなり、結果として髪の毛が成長する前に抜けてしまって薄毛になります。これと同じ現象が生じていると言われています。

休止期脱毛症

ヘアサイクルは、髪の成長期や退行期、休止期などがあり、たくさんの髪の毛が時期を違えてこのサイクルを繰り返しています。しかし、休止期脱毛症は、ホルモンバランスが崩れたりすることで、髪の毛が生えない休止期の状態が通常よりも長く続いてしまう毛の割合が増加して生じます。
栄養バランスが悪くなっていたり、過度なダイエット、ストレスなどが原因と言われています。

加齢

近年の研究で、加齢により毛包幹細胞でDNAのダメージが蓄積してくると、幹細胞維持に必要な蛋白質の分解がひきおこされ、毛包次第に小さくなって消失していくことが明らかとなっています。
毛包が小さくなっていくことで毛が細くなっていき、また、毛包幹細胞は加齢によって自己複製しなくなるために、失われていきます。そのため、薄毛脱毛が生じるとされています。

ヘアサイクルの乱れが原因

女性の薄毛は、女性ホルモンの減少などホルモンバランスが崩れたり、加齢によって生じるケースが多くなっています。その結果、正常なヘアサイクルが乱され、髪の毛が細くなったり、抜けてしまったり、成長しないといった症状がおきてしまいます。

ホルモンバランスを整える

女性は、男性のAGA治療に用いられるフィナステリドなどを使用することができません。そのため、プラセンタなどによって女性ホルモンのバランスを整えたり、ミノキシジルで頭皮の血行を促進することで発毛治療を行っていきます。