AGAとは?

AGA

AGA(エージーエー:Androgenetic Alopecia)とは、「男性型脱毛症」を指します。
一般に遺伝や男性ホルモンの影響が原因とされ、男性の3分の1はAGAの現象が生じていると言われています。
ちなみに女性はFAGA(女性男性型脱毛症)と言います。

AGAの原因

毛髪は、生え始めてから数年間成長し、成長後には抜け落ちて新たな毛髪が生えてきます。この周期はヘアサイクルと呼ばれています。
このヘアサイクルによって、毛髪は通常、1日に50本から100本程が抜け、同じ数が生えてくると言われています。

しかしAGA(男性型脱毛症)になると、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの一種が過剰にはたらくことによって、毛髪の成長期が短くなり、また、生えてこない期間が長くなります。
その結果、細くて短い毛髪が多くなるか、または皮膚の表面に出てこなくなってしまいます。AGAの場合、頭皮に多量のジヒドロテストステロン(DHT)が確認されています。
また、FAGA(女性男性型脱毛症)も同じ理由で発生します。

AGAの進行タイプ

M字型脱毛

M字+頭頂部脱毛

頭頂部脱毛

U字型脱毛

U字+頭頂部脱毛

ヘアサイクル

通常のヘアサイクル

通常のヘアサイクルでは、毛髪の成長期は2~6年、成長期から休止期に移行する退行期は約2週間、休止期は3~4ヵ月とされています。

AGAのヘアサイクル

AGAのヘアサイクルでは、毛髪の成長期は数か月~1年、成長期から休止期に移行する退行期は約2週間、休止期は3~4ヵ月になると言われています。

AGAの治療は研究が進んでいます

以前は、薄毛、抜け毛を治療することは難しかった時代がありましたが、様々な研究が進み、AGA・薄毛の進行を食い止めたり、発毛しやすい環境を整える治療薬が開発されています。

AGA・薄毛・抜け毛は治療できる時代になりました。
埼玉県内でAGA・薄毛・抜け毛のお悩みを抱えている方は、諦めずにご相談ください。